SmileGlasses:笑顔形成を促進するARメガネ

山本研究室、学部4年の村田です。今回は私の卒業研究について紹介します。

現在はストレス社会であると言われていますが、あなたは普段ストレスを感じていますか?

私の研究では、現在のストレス社会に対抗するために、装着すると周囲の人の表情が笑顔に見えるメガネ「SmileGlasses」を提案しました。

一般的に人は嬉しいと笑顔になるといわれています。一方で、笑顔になると嬉しいといった感情が喚起されることが明らかになっています。そして、嬉しいというような言葉で表現されるポジティブ感情はストレスの軽減につながります。

また、人は人の表情を無意識的に模倣してしまうといわれています。つまり、周囲の人が笑顔に見える状況をつくることで、自分も笑顔になり、ポジティブ感情が喚起され、ストレス軽減につながるのです。

研究では、この知見を用い、AR技術で人の表情を笑顔に補正するという発想に至りました。そして、「周囲の人が笑顔に見える」をメガネ型にデバイスに導入することで、日常的にポジティブ感情が喚起され、ストレス軽減につながると考えました。

卒業論文では、疑似的にSmileGlassesの効果を発揮する状況をつくり、評価実験を行いました。その結果、SmileGlassesは有用である可能性が示されました。