ジャーナルクラブ「バーチャルスーパーヒーロー」

ジャーナルクラブ(研究室で各々が興味のある論文を読み、紹介する活動)の活動報告です。

今回私が紹介したものは、「 バーチャルスーパーヒーロー:
向社会的行動を促進するための仮想現実での超能力の使用(原題: Virtual Superheroes: Using Superpowers in Virtual Reality to Encourage Prosocial Behavior ) 」です。この論文では、VR(仮想現実)で自分が超能力体験をすることが、その後の現実世界での善い行いにつながるのかどうかを検証しています。

現在、ポケモンGOやMicrosoftの翻訳アバター(https://www.youtube.com/watch?v=auJJrHgG9Mc&feature=youtu.be)など、VRやARの可能性はすさまじいです。ですが、あくまでもVRやARは人々の生活を豊かにするための手段の1つだと思います。VRを使ったその先の目的をしっかりと置くこと、他にもっとよい手段があるのかを検討することが大切であると、この論文を読んで実感しました。

また、超能力体験をすることが人を助けることに繋がるという人間の心理・行動メカニズムについてもっと知りたいと思いました。