誰のためのデザイン?第4章

「誰のためのデザイン?」第4章では、デザインにおいての“制約、発見可能性、フィードバックはどのようなものか”が具体例を用いて説明されています。

私のおすすめは、本書の201ページから207ページにかけて書かれている「慣習から変化する」というような内容のところです。もともと染みついたデザインから新しいデザインに変えることの難しさが言及されています。しかし、新しく発見された方法によるデザインが最善のものであれば、「新しいデザインに変えることによるメリット>古いデザインから移行することへの難しさ」になると筆者は言っています。