令和元年第一回青山学院大学・兵庫県立大学・静岡大学合同研究会

5/24,25に静岡大学の高柳記念未来技術創造館1Fにて

【令和元年第1回青山学院大学・兵庫県立大学・静岡大学合同研究会】

が行われました。その様子を書いていこうと思います。

開会前の様子

青山学院大学からは2人、兵庫県立大学からは11人、静岡大学から9人の学部生、院生参加し 一人持ち時間10分以内で自分の研究のテーマについて発表しました。
4~5人の発表が1タームでそのあとにフリーディスカッションという形で発表者のもとにコメントしていくという形で2日間行われました。

学部4年生にとっては初めての対外発表だったと思います。僕たち以外の学部4年は1人しかおらずほとんどが院生でした。

この研究会で各々思ったこと感じたことはあると思いますが僕が一番感じたことは、研究を進めていく上で問題になるであろう部分への指摘がかなり鋭いと感じました。

これは一度卒業研究を経ていることからくる問題定義への考え方や研究の差だと思います。

自分へのコメントにもひしひしと感じましたし、ほかの人へのコメントを聞いてる時でも「確かに問題になりそう」だと思うことが多かったです。

意外と根本のところの問題を見落としていたり進んだ先で問題になったりいろいろな問題は研究につきものだと思いますが先に見通せていたら対応も違うと思います。

問う力、問いを見つける力を身に着けていきたいです。

1日目研究会の後、会場で懇親会が行われました。

乾杯の様子
料理

楽しく交流しました。ご飯もおいしかったです。

2日目の最後にはみんなでボードゲームをしました。(写真撮るの忘れました)

UNO、カタン、パンデミック、インサイダーがあり、僕はカタンをしたのですがなぜかプレイヤーはみんな静大生でした()

カタンというゲームはやはりチャンカです。強く心に刻みました。

以上が合同研究会の様子となります。他の学生、院生と関わるという機会はあまりないのでいい刺激になりました。