読書会 ファストスロー第1章

今回の読書会ではファスト&スローの第1章を取り上げました。

内容はシステム1とシステム2の存在とその役割についてです。

今まで知らなかった分野のことを学習するのは大変ですが楽しいです。

人に伝えるためのスライドを作成することは難しいですね。

 

 

 

2017年度読書会を開始しました

新しい分野の知識を学ぶために、当研究室では読書会を始めました。読書会のテーマ本はDaniel Kahneman氏の「ファスト&スロー」です。本書は、人間の意思決定がどのように行われるのかについて、ヒューリスティックとバイアスという観点から面白く解説する本です。

記念すべき読書会1回目は研究室主催者の山本が発表を行いました。2回目移行は学生が発表し、発表コンテンツをウェブサイトにUPしていく予定です。

当研究室では、プログラミング勉強会でシステムやサービスを実装する技術を学びつつ、読書会でシステム・サービスを使い人間の振る舞いや心の動きを学ぼうとしています。関心のある学生は、ぜひ遊びに来てください。