DEIM2019学生レポート

DEIM1日目インタラクティブセッションの開会式の様子

3/4 から 3/6 にかけて山本研 B4 の 6人で第11回「データ工学と情報マネジメントに関するシンポジウム(DEIM2019)」 に参加してきました。学生を中心に大学や企業の研究者などが多様なテーマで論文発表を行い、私たちもそれぞれがポスターやスライドを用いた発表をしてきました。学会というもの自体初めての経験でしたが、全国の研究者の方々から自分の研究に関するコメントをいただき、また同学年の人たちがどのような研究を行っているかも知ることもでき、勉強になると共に大いに刺激を受けました。

DEIM2019では研究のテーマ毎に90分を一単位として会場が分けられ、それらセッション毎に4~5回の発表が行われました。以下では各自の参加したセッションについての感想の一部を紹介します。

梅田 浩郎  感情・感性(2)

 このセッションでは5つの研究が発表された。そのうちの1つが私の研究「笑えるウェブ情報検索のためのクエリ推薦」である。提案内容は、クエリ入力時にクエリと組み合わせると笑いを誘発する語を提示することで笑いを発生させることだ。目的は、笑える情報を検索可能にすることではなく、笑いを誘発する語の組み合わせを見ることで笑いを発生させることである。単語間の意外性と対立性に注目し、ウェブページの構造やウェブ検索結果を用いることで笑いを誘発する語を推定した。評価実験では実際にユーザが笑える語を推薦できているかを評価し、結果として意外性と対立性を考慮することで笑いを誘発する語を推薦できる可能性があることが分かった。

 私の研究以外の4つの研究は、ユーザの個性を反映させることで文書の感情応答を改善する研究、ツイートの内容から九州地方の道の駅を評価する研究、旅行者の感性にもとづいて観光順路を提案する研究、未知語に対して感情解析を行う手法の研究といったものだった。感情・感性1のセッションと同様に、人の感情や感性を取り入れることで問題の解決に挑戦する点が共通していた。

 以上のセッション以外にも多くのセッションで様々な研究発表があった。自分が知らない分野や知識が多かったが、刺激受けるとても良い機会だった。研究内容について刺激を受けるだけでなく、研究内容を伝えるためのプレゼン方法やポスターの作り方などにも刺激を受けた。また、他大学の学生と交流をでき、楽しみのある場でもあった。

齊藤 史明 情報の品質(2)

研究データマネジメントルーブリックによる自己評価と共通認識の醸成

 研究データマネジメント(RDM)とは、研究についてデータの作成方法や命名規則、保存方法や公開範囲といった利用環境を明確にしチーム間で実施することである。このRDMの評価を、到達度を観点ごとに評価する表を用いるルーブリックと呼ばれる手法を用いて行う。ワークショップを実施した結果、実際にすべきことと実態の差を埋める可能性があることが示された。

コンテンツの信頼性評価に関する考察

 機械だけでは評価が難しいものに対して、人の知識を合わせて協力することで問題を解決することを目指す。例として食品ロスを無くすために、冷蔵庫の中身を認識し消費期限などを適切に表示するためのシステム構築から、個人の価値観から信頼性を評価する手法の考察を行った。

文書の意見と信憑性がユーザの検索行動および信念の変化に与える影響の分析

 ウェブ情報についてその情報がどのような意見なのかと、信憑性があるかどうかに注目し、行動や意見の変化への効果を分析した。結果として、ウェブ探索を行うユーザにユーザの考えと反する意見の載った情報を見せることで、より情報について調べるようになり、意見が変化する可能性が高まるようになった。

藤堂 晶輝 情報検索(2)

 情報検索という枠のなかでも、研究の視点や取り組み方はさまざまだった.検索方法を工夫する研究もあれば,検索対象となるデータの生成についての研究もあった.

 私が発表した「情報の食わず嫌いを抑制する情報提示方法」についての研究では,情報検索する際の人の行動を変化させるため,情報の表示に着目した.「情報の食わず嫌い」とは,有用かつ読み取れる情報であるにもかかわらず,読むことに抵抗を感じ,意図的に情報入手を避けることと定義した.そして,これの発生を抑制するための情報提示方法を提案した.ユーザ実験の結果の中から,英語に苦手意識があり,英語に対して情報の食わず嫌いを起こしやすいと考えられる被験者のデータを抽出した.すると,該当箇所を黒塗りして隠す手法の導入によって行動の変化が確認できた.情報の提示方法を工夫することは,情報の食わず嫌い抑制に有効に作用する可能性がある.

 他の研究でも,従来の検索システムでは達成できないような問題に取り組まれていた.

 多彩な研究がなされているのを目にし,情報学という分野が非常に幅広い分野に及んでいることを実感させられた.また発表の場では,これまでに考えてきたことを,短時間で正確に伝えることの難しさを感じた.自身の研究について今までに検討していなかった視点を知ることもでき,有意義だった.

中野 裕介 Web(2)

 DEIM2日目のWeb(2)セッションに発表者として参加しました。私の他に発表した4人の内容は、Web広告推薦などに用いられるユーザ嗜好の評価法の研究、検索手法の性能向上に関する実験、観光のための複合的なアプリケーション開発、そしてユーザの好みに合わせた映画トレーラー映像の編集手法の提案と、かなりバリエーションに富んでおり、正直なところどういう基準で区分したのかよくわかりませんでした。

 私はこの中で、卒業研究としても取り組んできた「脚本の内容と構成要素に基づく映画印象推定」と題した研究について発表しました。内容は、映画の印象を推定する一手法であるジャンルに着目し、映画の脚本データを利用してそれを機械的に分類する手法の提案と、その性能評価を行うというものです。発表では脚本データを特徴量に変換するために設定した概念の説明や、この手法を用いた出力結果を具体例として提示を行い、感覚的に理解してもらえるよう努めました。

 上述した通り、本セッションでは私の他にも映画に関する研究が発表されていました。この研究では映画の本編ではなく、トレーラー動画をユーザの好みに合わせた形に編集するという着想をもとに、カット割りやシーン入れ替えなどの差異によるユーザへの影響の分析を行っていました。ここで紹介されていた手法についてはトレーラー動画のみならず映画演出という観点でユーザに与える印象を分析することにも通じるように感じました。

堀内 進次 SNS(2)

行動促進ツイートから根拠部分抽出手法

 行動促進ツイートとは「地震のときは○○しましょう」などといったツイートのことを言う。行動促進ツイートの中には、「××だから地震のときは○○しましょう」といった根拠を含むツイートが存在する。こういった根拠を含む行動促進ツイートは含まないツイートよりも信用されているという予備調査のもと根拠部分の抽出を行った。

Twitter上で配信されるニュースの偏りを考慮した推薦手法

 近年、ニュースは多様な立場から書かれている。SNS上では思想が似たユーザがフォローしあうことでエコーチェンバーやフィルターバブルなどといった現象が起こり、意見が偏ってしまう。こういった現象を防ぐためにコミュニティごとにあるニュースについて関連するニュースでもそのコミュニティとは支持が違うニュースを提示する手法の提案を行った。

マイクロブログにおいて論争課する議論の予測に向けて

 ある論争について同じ意見の人同士のみで交流してしまうという極化を問題としてあげている。しかし、極化を解決することは難しいといわれることからそのような研究は行われていない。この研究では論争が始まることを防ぐために論争化する議論を予測するタスクを提案している。

村西 克仁  食の文化・流通

  このセッションは私が発表者として参加したセッションです。このセッションでは「食」という分野に関して、レビュー・SNS・アンケートなどのデータを活用し、ユーザの行動や傾向について分析するといった研究が発表されました。

 私はセッションの1番目に「飲食店レビュー情報の集合知分析と意思決定支援」という研究について発表しました。内容は、まず飲食店レビューサイトのレビュー評価平均点という情報について集合知としての妥当性を分析し、次に2つのサイトのレビュー評価平均点をユーザに同時に提示することで飲食店の品質評価について慎重な意思決定を促すことができるか検証するというものです。

 私以外の発表者の研究はそれぞれ、GoogleMapsのクチコミを用いてある地域の美味しい食べ物を発見する手法についての研究、Twitterに投稿された食事画像から世界の食事傾向を分析する研究、消費者アンケートのデータから消費者嗜好を把握する研究、飲食店レビュー文書を初訪問者のものと再訪問者のものに自動分類する研究、といったものでした。

まとめ

 多くの研究発表に触れ、情報学のカバーする領域の広さに改めて驚かされました。また同時に、多様なテーマにあっても自分の学んできた知識で理解できる部分も多く見つかり、有用な学習ができているという自信にもつながったように感じます。これを励みに更なる研究に努めたいと思います。

おまけ:前泊の博多で食べたもつ鍋。おいしかったです。

DEIM2019で齊藤史明君,中野裕介君がプレゼンテーション賞を受賞

2019年3月4〜6日にかけて長崎県はハウステンボスで開催された第11回「データ工学と情報マネジメントに関するシンポジウム(DEIM2019)」にて,研究室で指導している学部生齊藤史明君と中野裕介君が学生プレゼンテーション賞を受賞しました.

齊藤君は「文章表現の曖昧さ指摘によるウェブ情報精査の態度・行動促進」というテーマで,中野君は「脚本の内容と構成要素に基づく映画印象推定」というテーマで研究発表しました.

DEIM2019で研究成果を発表

2019年3月4〜6日にかけて長崎県はハウステンボスで開催された第11回「データ工学と情報マネジメントに関するシンポジウム(DEIM2019)」にて,今年度の研究室の成果を発表しました.

発表内容は以下の通りです:

  • 梅田浩郎, 山本祐輔:笑えるウェブ情報検索のためのクエリ推薦第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.C7-2, March 2019.
  • 齊藤史明, 山本祐輔:文章表現の曖昧さ指摘によるウェブ情報精査の態度・行動促進第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.C2-2, March 2019 (学生プレゼンテーション賞).
  • 藤堂晶輝, 山本祐輔:情報の食わず嫌いを抑制する情報提示方法第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.G6-3, March 2019.
  • 中野裕介, 山本祐輔:脚本の内容と構成要素に基づく映画印象推定第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.I3-3, March 2019 (学生プレゼンテーション賞).
  • 堀内進次, 山本祐輔:珍スポット検索のためのランキング手法の検討第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.P1-141, March 2019.
  • 村西克仁, 山本祐輔:飲食店レビュー情報の集合知分析と意思決定支援第11回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2019), pp.F3-1, March 2019.


読書会 誰のためのデザイン?第3章

第3章では

・知識
・制約
・記憶
・対応付け

に関する4つのテーマについてのことで構成されていた。

どのテーマも人が使いやすいと感じるためのデザインにするための原則のようなものであると感じた。特に対応付けの項目はデザインに直結する大切な部分であると感じた。いわれてみれば当たり前のことだがしっかり意識をしないと忘れてしまいそうだと感じた。

まだ3章でこの本の序盤であったため基本的なことが丁寧に述べられていた印象。分量が多くうまくまとめきれていない部分があったので次回に活かしたい。

読書会 誰のためのデザイン?第2章

第2章では勘違いなどのヒューマンエラーは人間ではなくデザインのせいであり、こうした勘違いをなくすためには「人間の特性」を知っておく必要があるということを述べています。

そしてその人間の特性を知るためにノーマンは「行為の7段階モデル」というものを提唱しています。
これは人間が何かをする際、ゴール、プラン、詳細化、実行、知覚、解釈、比較、というように行為を7つに分けていると考えるものです。

これを用いることによって人間の特性を考慮したデザインを作ることが出来るということが述べられていました。

また良いデザインを作るためデザイナーには以下の2点が求められます

  • 人はミスをするという前提に設計する
  • エラーを無くす努力を惜しまない

以上が第二章における内容の要約です。

個人的な感想として、ヒューマンエラーはデザインが原因であるという考え方が私にはなかったためかなり驚きでした。またそう考えると、結局シンプルでわかりやすいものが一番いいデザインだなと思いました。

齊藤史明君が2018年度 DBSJ Data Challengeで受賞

当室の4年生の齊藤史明君がDBSJ Data Challenge 2018に参加し、下記賞を受賞しました。

  • 楽天賞
  • DBSJ特別賞

DBSJ Data Challenge 2018は、日本データベース学会(以下、DBSJ)が提供する実データを用いて、学生が自由に研究テーマを設定し,WebDB Forum 2018にてその成果を発表するというプログラムです。本年度は、東京大学、大阪大学、首都大学東京など、様々な大学からデータサイエンスを学ぶ学生が集まり、プロ野球パ・リーグ 全試合全球データやポンパレモールのデータを対象とした研究発表が行われました。

当研究室の齊藤君は「熱く盛り上がる打席の自動抽出に向けて」というテーマで発表を行いました。

ACM CIKM 2018に論文が採択されました

京都大学の山本岳洋さん、Yahoo! Japan研究所の藤田澄男さんとの共同研究 “Exploring People’s Attitudes and Behaviors toward Careful Information Seeking in Web Search” がACM CIKM 2018にフルペーパーにて採択されました。

本論文では、ウェブ検索エンジンのクエリログを用いて、批判的なウェブ検索ができるユーザの特徴を分析を試みています。

後日プレプリント版論文や発表資料をアップする予定です。

平成30年度基盤研究(C)(特設分野研究)の申請が採択されました

昨年10月に日本学術振興会 平成30年度基盤研究(C)(特設分野研究:情報社会とトラスト)に応募した申請プロジェクトが採択されました。研究課題名は「自律的・能動的な情報信憑性判断力を高める情報インタラクション」です。

本プロジェクトでは、ウェブ検索・閲覧を行うユーザが情報システムの力を借りつつも,最終的には自分自身で情報の信憑性(確からしさ)を判断できるよう,ユーザの信憑性判断能力を高め,自律的・能動的な信憑性判断を促進する情報インタラクション技術の開発を行う予定です。

ACM WebSci 2018で発表を行いました

2018年5月28-30日オランダはアムステルダムにて開催されたACM WebSci 2018にて、”Web Access Literacy Scale to Evaluate How Critically Users Can Browse and Search for Web Information”というタイトルの発表を行いました。

本公演に関する論文の書誌情報は以下のとおりです:

Yusuke Yamamoto, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, and Kawakami Hiroshi: Web Access Literacy Scale to Evaluate How Critically Users Can Browse and Search for Web Information, Proceedings of the 10th ACM Conference on Web Science (WebSci 2018), pp.97-106, Nederland, Amsterdam, May 2018.

また、本公演で用いた発表資料は以下でご確認いただけます。

ACM WebSci 2018に論文が採択されました

JST RISTEXプロジェクトで行ったウェブ情報アクセスリテラシーに関する研究成果が、ACM WebSci2018(The 10th ACM Conference on Web Science)にフルペーパーで採択されました。発表タイトルは以下の通りです:

Yusuke Yamamoto, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, Kawakami Hiroshi,
Web Access Literacy Scale to Evaluate How Critically Users Can Browse and Search for Web Information,
Proceedings of The 10th ACM Conference on Web Science (WebSci 2018), pp.1-10, Amsterdam, Nederland, May 2018.

プレプリント版論文を後日アップロードする予定です。