iiWAS2019参加レポート(中野)

ミュンヘンの旧市庁舎。下の広場ではクリスマスマーケットが催されていました。

12/2~12/4にかけてミュンヘンで開催されました国際会議iiwas2019に、研究室同期の梅田と共に参加してきました。初めての国際学会参加であることや英語でプレゼンを行わないといけないことなど個人的に初めての経験ばかりで、ミュンヘンに滞在した6日間だけでかなりの人生経験ができたような気がします。

英語なんて大学受験以降ちゃんと勉強していない私にとって、発表はかなりの困難であり、ギリギリまで発表練習を続けていました。先生や他大学の先輩方に付き合っていただき前日の夜遅くまで文章やスライドを修正していました。

発表自体はなんとか乗り切りましたが、質疑応答では相手の質問の意図がなかなか汲み取れず、かなり苦労しました。外国から参加した方達は平均的に日本人以上に英語を話す能力があるのですが、出身地域によってかなりイントネーションに差があり、日本人英語ばかりで耳をならした私にとってはかなり聞き取り辛いものでした。それでも大きな問題なく?なんとか回答して乗り切ったので、自分の番が終わった瞬間にはかなり安堵したことを覚えています。

個人的にこの学会での一番の思い出は、他国の参加者の方と一緒に昼食をとったことです。質疑応答でうまく回答できなかった方に対してセッション終了後に声をかけたところ、昼食に誘ってもらい、その後1時間くらい会話しました。せっかく国際学会に参加したのだから異文化交流がしたいと思っていたので、たどたどしい会話でしたがコミュニケーションがとれたことはよかったと思います。

会場には軽食コーナーが設置されていて、お菓子やコーヒーがセッションの休憩中に食べれました。

学会発表論文レポート:セッション“classification techniques and application”

以下では学会で参加したセッションで発表されていたいくつかの論文についてまとめます。このセッションにおいては名前の通り、何らかの領域を対象に分類問題に取り組むという研究が報告されていました。英語力の問題で内容を完全に理解できていないかもしれませんが、理解できた範囲での率直な感想です。

Tourism application with CNN-Based Classification specialized for cultural information

旅行者のための注意喚起文を従来よりもユーザフレンドリーに表示しようという取り組みです。アプローチとして、注意喚起を行いたいスポットやランドマークをユーザが撮影することで、テキストが表示されるというアプリケーションを作成していました。手法としては対象となるランドマークなどをあらかじめ設定し、またそれに対応するテキストも用意したものを表示するというものであり、設定した各要素についてその文書の適切さを評価していました。

 個人的には対象となる要素の選定基準にやや疑問が残るように感じました。研究背景として外国人旅行者を設定するのであれば対象となるものは観光で訪れる場所あるいはそこに存在し、かつ着目してしかるべきものである必要があるはずで、その観点からすれば、富士山や原爆など、有名なランドマークでこそあれ、そこに背景となる前提を踏まえたときの妥当性はないように感じました。また、今回の研究で設定された要素は訪れる地域によってそれが利用可能な情報かどうかが依存し、一箇所における有用性はあまりないように思えたので、広範に利用可能な拡張ができれば面白いと感じました。

Fake News Classification Based on Subjective Language

フェイクニュースを主観的な言語を抽出することによって検出しようという研究です。この研究においてはユーザの興味を引くことを重視してその情報の信憑性があまり考慮されていない文書をフェイクニュースとして問題視し、それを自動的に取得することに着目しています。アプローチのベースラインは上述した主観的な言語に着目するということにつきます。主観的な用語のデータセットを用意し、それを含むニュースデータをフェイクニュース、そうでないものを適切なニュースであると評価するような分類器を作成し、その性能を評価していました。アプローチとして機械学習法を3パターンと、p@kでの評価を見ることで最適な方法の検討を行っていました。

 研究として、内容ではなく語句に着目したことで、内容評価における分類器の解釈の恣意性をさほど懸念する必要がないという点では良いアプローチではあるのかと思います。しかしながら、主観的な語句というものが文書自体にもたらす影響については決め打ちであるような印象を受けたので、そこをより検討するべきであるように思いました。

Building Classifier Models for on-off Javanese Character Recognition

ジャワ語の手書き文字を機械で自動認識させるためのアプローチに関する検討です。インドネシアなどの地域では公用語でないものの多くの話者のいるジャワ語ですが、その記法は一つの文字を3行に分割可能な記号の組み合わせで表現するものであり、またそれら自体も一見するとかなり類似しているように見えるため、機械での自動認識は困難であるそうです。そのため、本研究では手書き文字データをいかに自動認識させるかというタスクを、文字特性に合わせた画像分割を行なった上で、いくつかの機械学習法を用いて性能評価していました。結果として特別最適な手法が明らかになったわけではありませんでしたが、SVMを用いた場合に精度が著しく落ちるなど、手法による差異を発見できたことを収穫としていました。

 ジャワ語について私はあまり詳しくはありませんが、データセットとしてかなり年代を跨いだ文書を用いるなど、正解データの一貫性については疑問の残るアプローチをとっていました。昔の書籍などのデジタル化などが最終的な目標であることは理解できますが、あえてそうした文書を用いたことについてもう少し説明があっても良かったような気がします。

Movie Genres Classification using Collaborative Filtering

タイトルの通り、協調フィルタリングを用いて映画のジャンル分類を行おうという研究です。この研究ではある映画レビューサイトのレイティングスコアのみを利用し、各ユーザ毎のそれらに対する評価特性の差からジャンルを導きだそうというものです。基本的なアプローチとしてはスコアをベクトル化してk近傍法などを用いてその類似性を評価するものであり、スコアのみを利用したにも関わらずその分類性能において比較的高いF値を得られていたように思います。

 個人的には私の研究とアプローチは違えど同じ目的を持っているため、セッションの中では一番興味のある研究でした。レイティングスコアのみで映画ジャンルという多値の分類が行えることには関心しましたが、特別に独自のアプローチを用いたというようには感じられませんでした。

謝辞

学会参加にあたり、山本先生はもちろん、本当に多くの方にお世話になりました。すべての方にお礼を申し上げたいところですが、ここでは特に発表練習に夜遅くまで付き合ってくださった兵庫県立大学の高橋さんと村本さん、そして滞在3日目から体調を崩した私を気遣ってくれた同期の梅田くんに対して感謝を述べたいと思います。ありがとうございました。

iiWAS2019参加レポート(梅田)

12月2日~12月4日にドイツのミュンヘンで開催されたiiWAS2019に参加してきました。iiWASはInformation Integration and Web-based Applications & Servicesの略称で、多くの分野に渡る研究発表がなされていました。初めての海外・初めての英語での発表など、沢山の懸念事項がありましたが無事に終えることができました。この記事では私が発表したセッションやiiWAS2019全体で体験したことについて記述します。

私が参加したセッションはHCI and Crowdfundingで4つの研究が発表されました。どのような研究だったかを以下に簡単にまとめます。

Gamifying Human Behavior in Urban Crowdsourcing for a Sustainable Smart City
クラウドソーシングのような集団で協力しながら物事を成し遂げることが人間に及ぼす影響についての研究。また、そのようなタスクの設計方法について研究されていた。この研究ではタスクをゲーム感覚のよう扱うことによって人を集めやすく、集団での行動・管理をすることを狙いとしていた。

Query Recommendation to Draw a Laugh from Web Searcher
私が発表した研究。ウェブ検索を行う際のクエリ入力時に笑いを誘発する語を表示することによって、ユーザーの笑いを誘う研究。語と語の関係性の意外性と意味的な対立性に着目することでクエリに対して笑いを誘う語を組み合わせることができると考えた。結果として複数のクエリに対して確かに笑いを誘う語を表示させることができた。

What Independent Game Developers Expect from Recommender Systems
インディーズゲーム製作者にとってのゲームの電子推奨システムについての研究。研究の背景には、近年のゲーム業界が技術的にも経済的にも成長を遂げていることがあげられていた。電子推奨システムはゲームを販売する側にとってはプロモーションやマーケティングへのコストを減らし、購入する側にとってはゲームが自動推薦されるので検索時間を減らすことができる。結果としては、多くの販売者は電子推奨システムを肯定的に捉えていることが判明した。

The Impact of Updates in Social Crowd Projects: Insights from a German Equity Crowdfunding Platform
株式クラウドファンディングプロジェクトにおける資金調達プロセスの経時的変化を分析クした結果が報告されていた。更新することで投資の数が増えるだけでなく、投資額も増えることがわかった。

同じセッションでも研究していることは様々で、こんなことでも研究になるのかというのが素直な感想でした(私の研究も同様に思われているはず)。当然ですが発表は英語で行います。私の研究の場合、笑える言葉の組み合わせを紹介して会場の人を笑わせる必要があります。日本語ですら難しいことなのに英語でそれを行うなんてと考えていましたが、会場の方は優しく笑顔で私を迎え入れてくれました(アンパンマンとアソパソマソって似ているから笑えるよねという説明で笑ってくれる優しい方々でした)。発表以外にも、質疑応答も英語で行わなければなりません。拙い発表にも質問をくれる方々にありがたさを感じる一方で、十分な受け答えができない申し訳なさも感じました。実際、質問内容を勘違いしており、途中まで見当違いなことを答えてしまう場面もありました。英語能力の重要性を痛感しました。多少の失敗はありましたが、良い経験になりました。

研究発表以外の時間にウェルカムパーティーやバンケットなどのイベントが行われていました。ドイツの伝統的な料理に舌鼓を打ちつつグローバルなコミュニケーションを取れる素敵な時間でした。外国の料理は美味しくないと耳にすることがありますが全然そのようなことはなく、ほとんどのものを美味しくいただけることができました。ドイツのビールは最高です。ただ、この場でも問題として浮上してくるものが英語能力で、隣の席の外国の方とお話をするのですがなかなか言いたいことが伝わりません。なんとかコミュニケーションは取れましたが、相手の優しさに救われた形でした。どんな時でも英語能力の低さに後悔する形になりました。イベント自体は非常に楽しかったです。

研究発表もイベントも良い経験になりました。多くの研究発表を聞くことで自分に刺激を与え、研究へのモチベーションを上げることができました。また、イベントへ参加することで(不純な動機ですが)また参加しようと思うことができました。その一方で多くの課題も見つかりました。自分の良い点も悪い点も、このような機会に明確に現れると思います。iiWAS2019に参加できてとても良かったと思います。



さんまの会2019

さんまを焼いている様子

秋も深まり冬の足音が聞こえる11月20日,秋の名物さんまを焼いて食べる会が催されました.

とても大振りでお魚屋さんによると今年最後のさんまだそう.身から油を落とし,辺りに香ばしい匂いを立たせながらじっくりと焼かれていくさんま.我々に秋を感じさせるには十分すぎる光景でした.

この日のために七輪と炭を買って持参したさんま奉行梅田さんの手によって焼かれたさんまは塩加減も程よく,脂も当然のっていて絶品.

今年は例年に比べ不漁で価格も高騰している中,とてもいいさんまを秋の終わりに食べることができました.

さんまのほかにも各自持ち寄ったウィンナー,餃子,焼きそば,ホットサンド,焼きおにぎり,鮭のホイル焼き,マシュマロなど様々な食材をフライパンやホットプレートで焼いたり蒸したり炙ったりしました.中にはマシュマロを大炎上させる人も..

下宿をしているとさんまはもちろん,焼き魚を食べる機会は早々ありません.秋の趣を感じつつ,おいしい思いをできるとてもいいイベントでした.

パ・リーグ学生ベースボールアプリ選手権の本戦に出場しました

パシフィックリーグマーケティング株式会社主催の、「パ・リーグ学生ベースボールアプリ選手権」の本戦に山本研究室の齊藤が出場しました。

パ・リーグ学生ベースボールアプリ選手権公式サイト
https://techplay.jp/contents/plm

「テクノロジーで野球を面白くするアプリ」をテーマにアプリケーションを作成・プレゼンテーションを行うイベントで、書類選考の結果本戦への進出が決定したため、東京で行われた本戦に出場してきました。

アプリ開発の経験は多くありませんでしたが、2週間ほど研究室に籠って作り続けなんとか発表まで漕ぎ着けることができました。

下記リンクは選手権の模様のニュース記事です。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201909280000925.html

令和元年第一回青山学院大学・兵庫県立大学・静岡大学合同研究会

5/24,25に静岡大学の高柳記念未来技術創造館1Fにて

【令和元年第1回青山学院大学・兵庫県立大学・静岡大学合同研究会】

が行われました。その様子を書いていこうと思います。

開会前の様子

青山学院大学からは2人、兵庫県立大学からは11人、静岡大学から9人の学部生、院生参加し 一人持ち時間10分以内で自分の研究のテーマについて発表しました。
4~5人の発表が1タームでそのあとにフリーディスカッションという形で発表者のもとにコメントしていくという形で2日間行われました。

学部4年生にとっては初めての対外発表だったと思います。僕たち以外の学部4年は1人しかおらずほとんどが院生でした。

この研究会で各々思ったこと感じたことはあると思いますが僕が一番感じたことは、研究を進めていく上で問題になるであろう部分への指摘がかなり鋭いと感じました。

これは一度卒業研究を経ていることからくる問題定義への考え方や研究の差だと思います。

自分へのコメントにもひしひしと感じましたし、ほかの人へのコメントを聞いてる時でも「確かに問題になりそう」だと思うことが多かったです。

意外と根本のところの問題を見落としていたり進んだ先で問題になったりいろいろな問題は研究につきものだと思いますが先に見通せていたら対応も違うと思います。

問う力、問いを見つける力を身に着けていきたいです。

1日目研究会の後、会場で懇親会が行われました。

乾杯の様子
料理

楽しく交流しました。ご飯もおいしかったです。

2日目の最後にはみんなでボードゲームをしました。(写真撮るの忘れました)

UNO、カタン、パンデミック、インサイダーがあり、僕はカタンをしたのですがなぜかプレイヤーはみんな静大生でした()

カタンというゲームはやはりチャンカです。強く心に刻みました。

以上が合同研究会の様子となります。他の学生、院生と関わるという機会はあまりないのでいい刺激になりました。

DEIM2019学生レポート

DEIM1日目インタラクティブセッションの開会式の様子

3/4 から 3/6 にかけて山本研 B4 の 6人で第11回「データ工学と情報マネジメントに関するシンポジウム(DEIM2019)」 に参加してきました。学生を中心に大学や企業の研究者などが多様なテーマで論文発表を行い、私たちもそれぞれがポスターやスライドを用いた発表をしてきました。学会というもの自体初めての経験でしたが、全国の研究者の方々から自分の研究に関するコメントをいただき、また同学年の人たちがどのような研究を行っているかも知ることもでき、勉強になると共に大いに刺激を受けました。

DEIM2019では研究のテーマ毎に90分を一単位として会場が分けられ、それらセッション毎に4~5回の発表が行われました。以下では各自の参加したセッションについての感想の一部を紹介します。

梅田 浩郎  感情・感性(2)

 このセッションでは5つの研究が発表された。そのうちの1つが私の研究「笑えるウェブ情報検索のためのクエリ推薦」である。提案内容は、クエリ入力時にクエリと組み合わせると笑いを誘発する語を提示することで笑いを発生させることだ。目的は、笑える情報を検索可能にすることではなく、笑いを誘発する語の組み合わせを見ることで笑いを発生させることである。単語間の意外性と対立性に注目し、ウェブページの構造やウェブ検索結果を用いることで笑いを誘発する語を推定した。評価実験では実際にユーザが笑える語を推薦できているかを評価し、結果として意外性と対立性を考慮することで笑いを誘発する語を推薦できる可能性があることが分かった。

 私の研究以外の4つの研究は、ユーザの個性を反映させることで文書の感情応答を改善する研究、ツイートの内容から九州地方の道の駅を評価する研究、旅行者の感性にもとづいて観光順路を提案する研究、未知語に対して感情解析を行う手法の研究といったものだった。感情・感性1のセッションと同様に、人の感情や感性を取り入れることで問題の解決に挑戦する点が共通していた。

 以上のセッション以外にも多くのセッションで様々な研究発表があった。自分が知らない分野や知識が多かったが、刺激受けるとても良い機会だった。研究内容について刺激を受けるだけでなく、研究内容を伝えるためのプレゼン方法やポスターの作り方などにも刺激を受けた。また、他大学の学生と交流をでき、楽しみのある場でもあった。

齊藤 史明 情報の品質(2)

研究データマネジメントルーブリックによる自己評価と共通認識の醸成

 研究データマネジメント(RDM)とは、研究についてデータの作成方法や命名規則、保存方法や公開範囲といった利用環境を明確にしチーム間で実施することである。このRDMの評価を、到達度を観点ごとに評価する表を用いるルーブリックと呼ばれる手法を用いて行う。ワークショップを実施した結果、実際にすべきことと実態の差を埋める可能性があることが示された。

コンテンツの信頼性評価に関する考察

 機械だけでは評価が難しいものに対して、人の知識を合わせて協力することで問題を解決することを目指す。例として食品ロスを無くすために、冷蔵庫の中身を認識し消費期限などを適切に表示するためのシステム構築から、個人の価値観から信頼性を評価する手法の考察を行った。

文書の意見と信憑性がユーザの検索行動および信念の変化に与える影響の分析

 ウェブ情報についてその情報がどのような意見なのかと、信憑性があるかどうかに注目し、行動や意見の変化への効果を分析した。結果として、ウェブ探索を行うユーザにユーザの考えと反する意見の載った情報を見せることで、より情報について調べるようになり、意見が変化する可能性が高まるようになった。

藤堂 晶輝 情報検索(2)

 情報検索という枠のなかでも、研究の視点や取り組み方はさまざまだった.検索方法を工夫する研究もあれば,検索対象となるデータの生成についての研究もあった.

 私が発表した「情報の食わず嫌いを抑制する情報提示方法」についての研究では,情報検索する際の人の行動を変化させるため,情報の表示に着目した.「情報の食わず嫌い」とは,有用かつ読み取れる情報であるにもかかわらず,読むことに抵抗を感じ,意図的に情報入手を避けることと定義した.そして,これの発生を抑制するための情報提示方法を提案した.ユーザ実験の結果の中から,英語に苦手意識があり,英語に対して情報の食わず嫌いを起こしやすいと考えられる被験者のデータを抽出した.すると,該当箇所を黒塗りして隠す手法の導入によって行動の変化が確認できた.情報の提示方法を工夫することは,情報の食わず嫌い抑制に有効に作用する可能性がある.

 他の研究でも,従来の検索システムでは達成できないような問題に取り組まれていた.

 多彩な研究がなされているのを目にし,情報学という分野が非常に幅広い分野に及んでいることを実感させられた.また発表の場では,これまでに考えてきたことを,短時間で正確に伝えることの難しさを感じた.自身の研究について今までに検討していなかった視点を知ることもでき,有意義だった.

中野 裕介 Web(2)

 DEIM2日目のWeb(2)セッションに発表者として参加しました。私の他に発表した4人の内容は、Web広告推薦などに用いられるユーザ嗜好の評価法の研究、検索手法の性能向上に関する実験、観光のための複合的なアプリケーション開発、そしてユーザの好みに合わせた映画トレーラー映像の編集手法の提案と、かなりバリエーションに富んでおり、正直なところどういう基準で区分したのかよくわかりませんでした。

 私はこの中で、卒業研究としても取り組んできた「脚本の内容と構成要素に基づく映画印象推定」と題した研究について発表しました。内容は、映画の印象を推定する一手法であるジャンルに着目し、映画の脚本データを利用してそれを機械的に分類する手法の提案と、その性能評価を行うというものです。発表では脚本データを特徴量に変換するために設定した概念の説明や、この手法を用いた出力結果を具体例として提示を行い、感覚的に理解してもらえるよう努めました。

 上述した通り、本セッションでは私の他にも映画に関する研究が発表されていました。この研究では映画の本編ではなく、トレーラー動画をユーザの好みに合わせた形に編集するという着想をもとに、カット割りやシーン入れ替えなどの差異によるユーザへの影響の分析を行っていました。ここで紹介されていた手法についてはトレーラー動画のみならず映画演出という観点でユーザに与える印象を分析することにも通じるように感じました。

堀内 進次 SNS(2)

行動促進ツイートから根拠部分抽出手法

 行動促進ツイートとは「地震のときは○○しましょう」などといったツイートのことを言う。行動促進ツイートの中には、「××だから地震のときは○○しましょう」といった根拠を含むツイートが存在する。こういった根拠を含む行動促進ツイートは含まないツイートよりも信用されているという予備調査のもと根拠部分の抽出を行った。

Twitter上で配信されるニュースの偏りを考慮した推薦手法

 近年、ニュースは多様な立場から書かれている。SNS上では思想が似たユーザがフォローしあうことでエコーチェンバーやフィルターバブルなどといった現象が起こり、意見が偏ってしまう。こういった現象を防ぐためにコミュニティごとにあるニュースについて関連するニュースでもそのコミュニティとは支持が違うニュースを提示する手法の提案を行った。

マイクロブログにおいて論争課する議論の予測に向けて

 ある論争について同じ意見の人同士のみで交流してしまうという極化を問題としてあげている。しかし、極化を解決することは難しいといわれることからそのような研究は行われていない。この研究では論争が始まることを防ぐために論争化する議論を予測するタスクを提案している。

村西 克仁  食の文化・流通

  このセッションは私が発表者として参加したセッションです。このセッションでは「食」という分野に関して、レビュー・SNS・アンケートなどのデータを活用し、ユーザの行動や傾向について分析するといった研究が発表されました。

 私はセッションの1番目に「飲食店レビュー情報の集合知分析と意思決定支援」という研究について発表しました。内容は、まず飲食店レビューサイトのレビュー評価平均点という情報について集合知としての妥当性を分析し、次に2つのサイトのレビュー評価平均点をユーザに同時に提示することで飲食店の品質評価について慎重な意思決定を促すことができるか検証するというものです。

 私以外の発表者の研究はそれぞれ、GoogleMapsのクチコミを用いてある地域の美味しい食べ物を発見する手法についての研究、Twitterに投稿された食事画像から世界の食事傾向を分析する研究、消費者アンケートのデータから消費者嗜好を把握する研究、飲食店レビュー文書を初訪問者のものと再訪問者のものに自動分類する研究、といったものでした。

まとめ

 多くの研究発表に触れ、情報学のカバーする領域の広さに改めて驚かされました。また同時に、多様なテーマにあっても自分の学んできた知識で理解できる部分も多く見つかり、有用な学習ができているという自信にもつながったように感じます。これを励みに更なる研究に努めたいと思います。

おまけ:前泊の博多で食べたもつ鍋。おいしかったです。