ブログ

ACM WebSci 2018に論文が採択されました

JST RISTEXプロジェクトで行ったウェブ情報アクセスリテラシーに関する研究成果が、ACM WebSci2018(The 10th ACM Conference on Web Science)にフルペーパーで採択されました。発表タイトルは以下の通りです:

Yusuke Yamamoto, Takehiro Yamamoto, Hiroaki Ohshima, Kawakami Hiroshi,
Web Access Literacy Scale to Evaluate How Critically Users Can Browse and Search for Web Information,
Proceedings of The 10th ACM Conference on Web Science (WebSci 2018), pp.1-10, Amsterdam, Nederland, May 2018.

プレプリント版論文を後日アップロードする予定です。

不便益システムシンポジウム2018で講演を行いました

3月23日キャンパスプラザ京都にて開催された「不便益システムシンポジウム2018」にて、「衰えたのは便利さが理由?情報アクセスリテラシー診断とその結果」というタイトルの講演を行いました。

本講演では、JST RISTEX「人と情報のエコシステム」川上プロジェクトでの成果を一般向けに発信することを行いました。

DEIM2018口頭発表の資料をアップロード

2018年3月4-6日に福井県は芦原温泉で行われた第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)で、JST RISTEX「人と情報のエコシステム」プログラムに支援いただいている研究発表を行いました。発表題目は「批判的ウェブ情報探索リテラシー尺度の開発」です。

発表スライドをアップロードしましたので、ご興味・ご関心のある方はご覧ください。

DEIM2018で研究発表を行いました

2018年3月4-6日に福井県は芦原温泉で行われた第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018)で以下の2件に関する研究発表を行いました。

  • 大島裕明, 山本祐輔, 山本岳洋, 加藤誠, 神門典子, 川上浩司, 「レビュー情報検索サイトにおける不便の効用に関する検討」, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), D5-4, March 2018.
  • 山本祐輔, 山本岳洋, 大島裕明, 川上浩司, 「批判的ウェブ情報探索リテラシー尺度の開発」, 第10回データ工学と情報マネジメントに関するフォーラム(DEIM2018), D5-5, March 2018.

発表資料は後日掲載予定です。

2017年度読書会を開始しました

新しい分野の知識を学ぶために、当研究室では読書会を始めました。読書会のテーマ本はDaniel Kahneman氏の「ファスト&スロー」です。本書は、人間の意思決定がどのように行われるのかについて、ヒューリスティックとバイアスという観点から面白く解説する本です。

記念すべき読書会1回目は研究室主催者の山本が発表を行いました。2回目移行は学生が発表し、発表コンテンツをウェブサイトにUPしていく予定です。

当研究室では、プログラミング勉強会でシステムやサービスを実装する技術を学びつつ、読書会でシステム・サービスを使い人間の振る舞いや心の動きを学ぼうとしています。関心のある学生は、ぜひ遊びに来てください。

藤岡研・山本研究室合同ゼミを開きました

1月11日に私たちは藤岡研究室の皆さんを研究室に招き、合同ゼミを行いました。

 

開式の挨拶を行う藤岡先生

 

発表中飲み物をこぼし、先生たちが床を拭くという一幕も…(笑)

 

それぞれの研究室での活動を発表した後、質疑応答を行いました。発表内容は以下のとおりです。

  • 山本研:理想の研究室探し
  • 藤岡研:コストコ サステナビリティ調査報告

山本研では新しい研究室であるということもあり、卒業時にどのような自分になっていたいか、そのためにはどんな研究室が望ましいのか、というテーマについてこれまで議論してきた成果を発表しました。

 

藤岡研からは業務用スーパーのコストコの経営方針や人事制度についての発表をしていただきました。実際に店舗で正社員の方へのインタビューをおこなったということで、非常に詳細な内容となっていました!

 

質疑応答では、両研究室からそれぞれの発表に対し、先生学生共に活発な議論が交わされ、非常に有意義な時間となりました!

 

発表の後は駅前の居酒屋で飲み会を行いました。先生方は人生観などについて熱く語っておられました!

藤岡研究室の皆さん、ありがとうございました。

 

誤ってわさびを丸ごとほおばり、苦悶の表情を浮かべるやまもと先生。

ACM CHIIR 2018 に論文が採択されました

京都大学の山本岳洋氏との共著論文”Query Priming for Promoting Critical Thinking in Web Search“がACM CHIIR 2018 (ACM SIGIR Conference 2018 on Human Information Interaction and Retrieval) に採択されました。

プレプリント版の論文は、以下のURLからダウンロード可能です:
https://github.com/hontolab/preprint-paper/raw/master/content/chiir2018.pdf

研究室セットアップ3:タイルカーペット

賛否両論はあると思いますが、研究室を快適にする方法の一つとして「土足厳禁」にするという方法があります。学生部屋も土足厳禁にしようと思っていたのですが、以前の部屋の住人の方々は土足派だったため、土足厳禁にするためにはタイルカーペットを張り替える必要がありました。

タイルカーペットを業者に張り替えてもらうにはそこそこのお金が必要です。そこで、カーペットの購入、張り直しを学生の力を借りて行うことにしました。

どの学生も初めての作業のはずですが、作業の最適化が徐々に進んだことで、思った以上に早く高い精度でカーペットの貼り付け作業が終了。みなさま、お疲れ様でした。そして、近隣の研究室の皆様、ボンドの匂いを充満させてすみませんでした。